information

お問い合わせボタン

行徳ハダ整骨院
メニュー
メールボタン
ライン
お問い合わせボタン
ホーム > ブログ・ホーム > 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 腰痛 > 【脊柱管狭窄症で絶対にしてはいけないこと】

【脊柱管狭窄症で絶対にしてはいけないこと】

2018年10月23日

こんにちは!

行徳のハダです(╹◡╹)

今日もブログへの訪問ありがとうございます✨

 

今回は脊柱管狭窄症の方に

 

これだけはしないで‼️

 

ということをお伝えします👍

 

これをしてしまうと、症状が良くならないどころか、悪化させる原因となりますので大切な情報ですよ💡

 

 

写真のような腰を反るポーズ!

 

よく腰痛体操やヨガのポーズとして用いられるものですが、これはダメ!!

 

毎日やってます、という方は今日からやめてください!

 

 

この姿勢は神経の管である脊柱管をさらに狭くしてしまうポーズです。

 

日常生活でも症状が落ち着くまでは「腰を反る」という動作は禁忌ということを肝に銘じておいてください。

 

少し痛いけど、ストレッチしなきゃ!なんて思ってやり続けている方は要注意ですよ。

 

ストレッチが何でもカラダに良いなんてことはありません。

もちろんあなたの状態にあっているものもありますから、その見極めは専門家にお願いして、適当にすることはあまりオススメできません。

 

 

今回は脊柱管狭窄症の方にこれだけはしないで!というお話でした。

 

 

「どこに行っても良くならない…」とお困りの方は、ご相談ください。

 

 

脊柱管狭窄症による間欠性跛行や坐骨神経痛はもっとできることがあります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます😃

 

 

 


 

関連記事

 

contact_banner

line_banner

PageTop