information

お問い合わせボタン

行徳ハダ整骨院
メニュー
メールボタン
ライン
お問い合わせボタン
ホーム > ブログ・ホーム > 坐骨神経痛 姿勢 脊柱管狭窄症 > 【脊柱管狭窄症に対するセルフケア②】

【脊柱管狭窄症に対するセルフケア②】

2018年11月9日

こんにちは!

 

行徳のハダです(‘◇’)ゞ

 

今日もブログへの訪問ありがとうございます!

 

 

 

 

今日は脊柱管狭窄症に対するセルフケア②をお伝えします!

 

 

今回は「腹圧が弱い」ことが原因で、シビレが出ている方が実践すると良い方法です!

 

 

お腹をへこませる!!

 

 

以上!

 

 

 

でた!

 

 

 

また、このパターン(怒)

 

 

 

とセルフケア①を読んでいただいた方は思うかもしれません(笑)

 

 

詳しく説明していきます。

 

腹筋と言っても、安定性には深層部にある筋肉が重要だったりします!

 

なので、普通の腹筋でも確かに使われるのですが、より体幹部分の安定性、背骨の安定性ということを考えた時には深層筋が重要となります!

 

 

インナーマッソー

 

インナーマッスル

 

とか

 

ローカル筋

 

とか

 

言われていますが、呼び方はなんでも良くて、とにかく腹圧を上げられるようにする!!

 

 

段階としては、

 

呼吸法として、腹式呼吸でお腹の筋肉を動かせる状態にする。

 

その後、ドローイング!!

 

つまり、凹ます!!

 

 

腹圧の減少もシビレの重要な原因因子のひとつです。

 

 

あっ、私だ!という方はやってみてくださいね!!

 

 

ちなみにぽっこりお腹のヒトは反っていることが多いですよ!!

 

 

ぽっこりお腹でシビレが強い方も多く見ていますよ!

 

 

気を付けて!

 

 

※この動作をしている時にシビレが増悪する場合には中止してください。

 

 

 

脊柱管狭窄症の症状は非常に辛いものです。

症状を何とか自分で治したいという気持ちはとても大切です!

けど、分からなかったり、なかなか自分の原因がどこにあるのかがはっきりしないことも多く、何件も医療機関をはしご状態の方もいっらしゃるかもしれません。

そのような方はご相談ください!

お力になれると思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

 


 

関連記事

 

contact_banner

line_banner

PageTop