head_img head_img_sp

information

お問い合わせボタン

行徳ハダ整骨院
メニュー
メールボタン
ライン
お問い合わせボタン
HOME > ランナー膝(ランナーズニー・腸脛靭帯炎)

ランナー膝(ランナーズニー・腸脛靭帯炎)

あなたはこんな症状でお困りではございませんか?

安静にしてシップで様子を見ましょう。なんて嘘ですからね!

icon_check01 走ると膝の外側が痛くなる

icon_check01 走るのをやめて様子を見ましょうと言われている

icon_check01 せっかく始めたランニングが全然できない

icon_check01 初マラソンに挑戦しようと思っているのに

icon_check01 休んで良くなったのに走ったらまた痛くなった


ランナー膝は適切なアプローチなら再発もしないし、走れます!

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?

しっかりした病態の理解が早期復帰への近道です!

ランナー膝(腸脛靭帯炎・ちょうけいじんたいえん)とは、オーバーユース(使い過ぎ)によって、膝の外側にあるこの靭帯が大腿骨(だいたいこつ)という骨の外側と摩擦し、炎症を起こすと一般的に言われています。

しかし、最近では腸脛靭帯に炎症がなく、実はその深部にある脂肪組織に炎症が起きているとの報告もあり、病態の解明が進んでいます。少し話がそれますが、脂肪組織というと太っているからとかいう方がいるので、少し補足をしておくと、これの役割は衝撃吸収や摩擦力に対する抵抗と考えてください。

これによって、大腿骨との摩擦を低減しています。そして、脂肪組織には血管や神経が豊富に分布しているので、強い痛みや腫れなどの炎症反応がみられるということです。


いずれにせよ、腸脛靭帯ないし腸脛靭帯周囲が摩擦抵抗を受けているのは間違い無さそうです。つまり、この摩擦というストレスから解放してあげればもれなく根本改善ということです。そんなに難しい話ではないですね。

ただ、この方法を間違うとなかなか良くならないのです。実際に色々な施術を病院や接骨院で受けてきましたが改善しませんという方に聞いてみると、膝の炎症が起きているから、そこにアイシング、低周波療法、超音波療法、テーピング、マッサージなどで対応していたそうです。痛みがなかなか引かないけど、無理矢理やってまた悪化して、痛いから見学していると、部活サボっているような目でみられ…という悪循環が生まれてしまった。

また、他にも運動をしようと思い、シューズとウェアを買ってランニングを開始したら、1週間くらいで膝に痛みが出て、すぐにできなくなってしまい、病院行ったらランニングはしない方がいいねと言われた、などという方もいました。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)のせいで、せっかく頑張ろうと思っていることを諦めないで下さい!色々なことを他で試したけど良くならないのは、あなたのランナー膝の原因にアプローチできていないだけです。そんなに気を落とすこともありませんし、十分に以前のように走れるようになります。むしろ、前よりもパフォーマンスが上がるかもしれません。


 

ランナー膝の原因は?

腸脛靭帯を伸ばそうとするストレスが入っているだけ。

やはりオーバーユースが原因ですか?という話ですが、そんなことはありません。急激な運動量の増加に身体が少し対応できなかったということはあるかもしれませんが、オーバーユースだけが原因なら休めばまた回復しているはずですよ、実際には再発してしまう人が多いと言われていますから。しっかり数ヶ月休んで走ったらまた痛かったという場合オーバーユースでは説明がつきませんね。


冒頭にあるように腸脛靭帯が伸ばされる方向のストレスが強すぎるだけです。試しにダビデ像のように片側に重心移動させて足の外側に体重を乗せてみると、ももの外側がピンと突っ張る感じになり、触れると硬い皮みたいになっています。ここが腸脛靭帯(青点線)です。

これは静止立位なので、少し動きの中とは違いますが、簡単に言えば、走っている中で腸脛靭帯に対してこのようなストレスが繰り返し入っているということです。

その繰り返しによって、大腿骨の外側上顆(がいそくじょうか)という部位と腸脛靭帯の間にある脂肪組織が炎症を起こし、結果として痛みや腫れ、熱感などが見られるようになるということです。

だから、このストレスを減らせばいい、それだけです!全く諦める必要もないし、部活を休み続ける必要もないし、新しいウェアとシューズで運動も出来るようになる。

ランナー膝は適切なアプローチなら必ず改善します!やみくもに膝にアプローチしても何も変わりませんよ!そこにストレスをかけているのは、股関節や足関節の動きや周辺の筋肉であって、別の部位ですからね!


 

当院の施術ではこのように改善していきます!

姿勢バランス改善とリハビリトレーニングは当院の十八番です。


膝にストレスを入れている原因を見つけ、全身バランスを整えます!

ダビデ像のような姿勢をとるなども日常的な使い方の癖としてバランスに影響します。姿勢バランスの影響をランニングフォームはものすごく受けます。例えば、腰椎前弯が少なくなれば(背中が丸くなると)、重心位置が後方にいくので、バランスをとって足を前に出そうとします。すると、膝関節の屈曲角度が増加するのでストレスが増加します。難しいですね(笑)。また、ランナー膝には典型的な運動パターンというものもあります。個人で差もありますが、全身バランスを見ることが当院の得意とするところですので、そこを見つけて改善アプローチをします。

 

足部矯正インソールがあなたの膝を守ります!

全身バランスが整っても、走っている時に足からバランスを崩してくることがあります。それを改善に導いてくれるのが、海外の足の専門医が薬のように処方する医療用のインソールです!認定を受けた病院や治療院でしか購入できない特別なインソールで、市販のインソールと比較して足部矯正力が強く、今までインソールは試したけどダメだったという方でも効果を発揮している例が報告されています。当院の全身バランスの調整に加え、この足部矯正インソールを使うことで、快適なランニングが思いっきり楽しむことができるようにしていきます!

 

ホームエクササイズをお伝えします!

ランナー膝では、筋肉の機能不全といって、使いにくくなっているだけの部分とそもそも筋力が足りてない部分があったりということがしばしば見られます。その部分のセルフエクササイズをご自宅などで行なっていただくことで改善が早くなります。機能不全と筋力不足の見極めを当院で行い、的確に対応することで復帰を早めることができます!

 

簡単なランナー膝改善のためのエクササイズ例

もちろんこれだけで全て解決するわけではありませんが、このようなトレーニングもランナー膝には有効です。まずは30秒から始めて、10秒ずつ増やしてみてください。

続けている中で耐えられる時間伸びていたり、楽に感じられるようになっていると筋力がついてきた、使える状態になっていると判断できますね!

 

選ばれている理由

なぜ当院は患者様に選んでいただけているのか?

わかりやすい説明で自分の身体の状態が良くわかるから

他院で 電気療法と少しマッサージをしたが自分の症状はほとんど聞かれなかった

他の整形外科や整骨院・整体院に通院していたが、症状がほとんど変わらなかった

そもそも何でこの痛みがでているのか理由がわからない

あらゆる症状の改善のために、まずご自身の身体の状態を「知る」ことが早期回復への近道です。身体がどのようになっているから痛みが出ているのか、色々なところで見てもらっているのになぜ症状が改善しないのか、これをお伝えします。

なぜ、症状の原因を探ることができるのか。

丁寧かつ徹底したカウンセリングであなたのお悩みと向き合うから

姿勢測定システムを用いた客観的な姿勢評価で「見える化」を心がけているから

徒手による姿勢・バランス評価、理学検査でさらに細かく身体の状態を評価できるから

あなたのお悩みと向き合い、痛みがなくなったら「〇〇したい」「〇〇ができるようになりたい」などの痛み改善の先にある目標に向けて、全力でサポートすることをお約束いたします。

説明も効果も「丁寧・親切・分かりやすい」をモットーとしておりますので、納得するまでご相談ください。


 

患者様に結果で答え続けているから

当院に来院される方は、ご紹介で来院していただく方がとても多いです。同じ症状で悩んでいるご友人や長年の痛みに困っているご家族様などをご紹介いただいています。

「なぜ病院や施術院嫌いのご家族の方を紹介していただけたのか?」と患者様に実際に尋ねると「先生は結果で答えてくれるから」と言われました。色々な病態の説明や症状の理解をしていただくことも非常に重要ですが、最も大切なのは「あなたの痛みが改善されること」です。そのために来院していただいているわけですから。

なぜ結果で答えられるのか、それは

医療系国家資格保有で知識が豊富だから

元整形外科リハビリ勤務施術実績延べ3万人以上で豊富な経験と技術があるから

バキバキしない独特な整体施術で根本改善をサポートできるから

当院は
「結果を出すために徹底的にあなたの症状と向き合います!」


 

完全予約制で一人ひとりとしっかり向き合うから

他の方がたくさんいると相談しにくい

病院や整骨院の待ち時間が辛い、そもそも待ち時間がもったいない

子供が小さいからどうしても周りを気にしてしまう

 

よく他の整骨院・整体院や整形外科に通われていた方で当院に来院される方から耳にするご意見です。

当院は完全予約制でお願いしています。飛び込みの方は申し訳ありませんが、ご予約を入れていただいてからご案内させていただいております。

なぜなら、

あなたの症状やお悩みをしっかりお聞きしたいから

あなたの貴重なお時間を無駄にしてほしくないから

周りを気にして、あなたに辛い痛みを我慢してほしくないから

あなたに一日でも早く良くなっていただきたいから

当院は「一人ひとりの患者様としっかり向き合います!」



 


最後に

しっかり見てもらえるところへ行ってください!

今までなかなか改善されていない方や、困っている方へ

今まで病院や整骨院、整体院など色々見てもらっているけど、休めば楽になるけど運動するとまたいたくなるというのは、ランナー膝ならば有り得ません。あなたに起こっている現象をしっかり見てもらえるところでみてもらってください!!

当院はあなたの症状とその先にある部活がしたい、早くランニングしたいなど本当の主訴を真摯に受け止め、根本原因の究明とそれに対する明確なアプローチをお約束します。あなたの前向きな姿勢に当院は全力で答えます!

お気軽にご相談ください、あなたの痛みに対して真摯に向き合います。


 

行徳ハダ整骨院までのアクセス

院名 行徳ハダ整骨院
院長 羽田 真洋
住所 〒272-0107 千葉県市川市押切13-9 U-BIGオリーブC号室
電話番号 047-318-9201 (完全予約制)
交通 都営地下鉄東西線 行徳駅から徒歩4分

電話番号 047-318-9201

お問い合わせボタン

LINE予約

行徳ハダ整骨院のアプリ


ページトップに戻る